ED治療薬|バイアグラとは?

薬事法で認可はされているけれども、経済的に継続使用が困難な代表格がバイアグラです。

医療機関で処方を受けると1錠@1500円と高価な薬です。バイアグラとは?を説明していきます!

まったく新しいED治療薬として世界中で話題になったバイアグラは1998年に発売されたもので、男性器の海綿体という組織への血流をスムーズにする効果を持っています。
この海綿体の血管を収縮させる働きを持ったPDE-5酵素が勃起障害の原因と考えられており、バイアグラに含まれているクエン酸シルデナフィルがPDE-5酵素の働きを阻害してくれるのです。

ただバイアグラを飲めば勃起をするという訳ではなく、性的興奮を加える事によって正常な勃起が出来る様にサポートをしてくれます。
その為に性行為の時以外は勃起をせずに済むというメリットもあり、人前で不意に勃起をしてしまう可能性が心配だという方々から評価されています。

バイアグラは発売時から幾つかの副作用があると言われており、頭痛や動悸といった副作用によって深刻な事態にならないか不安に感じている人も多いものでした。
しかしバイアグラは心臓などに障害を持っている様な方でなければ、副作用は僅かなものであり使用後4時間から6時間程度で副作用も治まります。
バイアグラと言えば副作用というイメージを持っている人でも安心して利用出来るもので、服用してから1時間程度で効果が出て、4時間以上の効果を持続出来ると言われている為に、バイアグラを服用するところを相手の女性に見られたくないという場合は、一緒に食事に出かける前などに服用しておいても効果を持続させる事が出来ます。
勃起不全のレベルに合わせたクエン酸シルデナフィルを服用する事が出来るのがバイアグラの特徴で、アメリカでは100mgタイプのバイアグラが認可されているのですが、日本ではバイアグラ25mgと50mgの二つだけしか認可されていません。

それはアメリカ人と日本人の体格では効果に違いが出るのではないかと考えられていた為で、
50mgタイプであってもアメリカの100mgタイプの半分のクエン酸シルデナフィルの含有量ですから、副作用なども小さいものだと安心して利用する事が可能です。

それに加えて日本の勃起障害の治療薬として医療機関でも活用されている事もあり、日本全国の医療機関にてバイアグラは処方されています。
副作用が心配だという方も医療機関が活用している医薬品という事が分かれば、勃起障害の改善の為に安心して利用出来るものです。
現在ではバイアグラを一錠ごと処方する事にも対応した医療機関も増えてきており、試しに利用してみたいという方にも手を出しやすい勃起障害治療薬となりました。

通販で購入するならオススメのサイトはこちら

薬通販|バイアグラ・シアリス・レビトラ・ED治療薬|お薬なび